アクセスいただきましてありがとうございます☆    
わんぱくアトリエのブログです。   
ぜひお気に入り登録おねがいします!!   

<   2011年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

10月のスウェーデン語クラス日程



サウレサロン吉祥寺
 
2011年10月のカリキュラム予定
 
 
☆2011年10月の日程と内容☆

このところ急に秋の気配がしてきましたね...
今月もお忙しい中、スウェーデン語クラスTomoko先生の授業があります。
 

●10月14日(金)19:30~20:50 講師:Tomoko
テーマ IKEAでお買い物 
お買い物をする時のフレーズと、家具の名前を覚えましょう

●10月28日(金)19:30~20:50 講師:Tomoko
絵本を読もう!
Lotta Olssonの犬のモリスシリーズ「Morris på morgonen」を読みましょう

お時間が合いましたらぜひご参加ください。




*どの授業も、テーマの授業に入る前に個々の出来事を言い合うような基礎的会話の時間も設けています。聞いてみたいことなど個人的に勉強中のスウェーデン語やスウェーデン語の本などの質問などもございましたらお持ちになってくださって大丈夫です。



välkommen!!




☆教材はその都度参加人数分を手作りで制作しています。
大切なお願いです、
サウレサロンについてのページにも書きましたが、
先生のご好意で忙しい中 授業を行ってくださいますので、
又、キャンセル待ちの方もいらっしゃる場合もございますし、
当日に突然正当な理由なくキャンセルされる場合は 申し訳ありませんが代金が発生いたしますのでその旨どうぞよろしくお願い致します☆
(但し病欠などやむおえない理由の場合は大丈夫ですので御心配なく)



☆メールにて、お問い合わせやお申し込みお受けしています。
(下記のアドレスをクリックするとメールページへ)
尚、初めて参加の方は必ずサウレサロン吉祥寺トップのページを読んでから御参加ください。
ご予約は定員になり次第その日は締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みお待ちしています。

saule.kichijoji@gmail.com

  
サウレin KICHIJOJI *スウェーデン語クラス 





[PR]

by k-wanpaku | 2011-09-29 02:11 | ┣ スウェーデン語 | Trackback

友人アグネータフロックさんの個展 スウェーデン大使館ホール



スウェーデンの織り絵・切り絵作家  「アグネータ・フロックの世界 -ゆめ×織×物語」

スウェーデンのテキスタイルの世界で確固たる地位を占めるとともに、切り絵の世界においても高い評価を得てきたアーティスト、アグネータ・フロック。彼女の幻想的で寓話性に満ちた織り絵と切り絵の展覧会がスウェーデン大使館で開催されます。

会場:スウェーデン大使館内展示ホール
2011年10月3日-10月21日
開館時間:月〜金 9:00-17:30 および 土・日10:00-17:00
10月10日(祝日)は休館日となります

オープニングレセプション10月3日19:00-20:30
オープニングレセプションに参加ご希望の方は、参加される方全員のお名前とご勤務先(ある場合)を明記のうえ、スウェーデン大使館広報部までメールinfo@sweden.or.jpあるいはファックス(03-5562-0977)にて9/28までにお申し込み下さい。

主催:スウェーデン大使館 
企画協力:小林範子+NPOアートバーブズフォーラム
Yamanashi Hemslöjd (チラシデザイン寺原百合子)
問合せ先:スウェーデン大使館広報部 03-5562-5062
アグネータ自身が紡ぎ、染めた毛で織られたタペストリーは、毛糸の素材感や豊かさ、暖かさなどを通じて、生命の暖かさと強さを表現します。独特の寓話性と造形のユニークさで彼女の名を広く知らしめた手彩色切り絵では、スウェーデンの民話や一角獣のような古代ギリシャ神話・ヨーロッパ中世の寓話、そして日本の和歌の世界までがモチーフとなり、さまざまな物語を紡ぎます。日本の文化はアグネータにとって、想像力を羽ばたかせる豊かな宝庫の一つでした。2008年「川越ライブアート」に招待された際に、日本の詩歌や川越の民話をモチーフに制作された夢見るような切り絵手彩色の数々も今回展示されます。また、音楽と切り絵のコラボレーションによる映像も展示。民話や和歌をモチーフにしたアグネータの切り絵と作曲家・音楽家である小林範子の音楽とのコラボレーションをお楽しみください。


期間中にアグネータ・フロックさんによる切り絵のワークショップと、音楽と切り絵のコラボレーションを楽しむコンサートを開催、アグネータさんのユニークな発想の原点に触れてみませんか?

アグネータ・フロック切り絵ワークショップ 
参加費等問い合わせと予約は
090-6706-9615
開催日時:10月6日 (木) 11:00〜/13:30〜10月8日 (土) 11:00〜/13:30〜

切り絵と音楽&映像のコラボレーションコンサート
開催日時:10月6日(木)15:30〜10月8日 (土) 15:30〜        
音楽演奏 小林範子(ピアノ・歌)/佐々木萌絵(フルート)/毛利巨塵(チェロ)
http://kobayashi-noriko.jp/
*ワークショップ・コンサートの詳細・お申し込みは 090-6706-9615またはinfo@kobayashi-noriko.jpまで
主催企画:小林範子+NPOアートバーブズフォーラム
          
関連企画                   
2011Autumn Sale & Vintage Cafe 「北欧の食と芸術の秋」
西麻布のカフェ・ギャラリーでの北欧の食とアグネータのワークショップとお話が楽しめます
アグネータさんの切り絵もこちらで販売されます。
開催日時:10月14日(金)〜19日(水)11:00-19:00
10月15日(土)、16日(日)北欧ヴィンテージカフェ 同時 開催
10月16日(日)切り絵 ワークショップ とコンサート  
*15:30〜 (事前予約要)   
*参加費5,000円(ドリンク・お菓子付き)
会場:食とギャラリーコライユ(東京都港区西麻布1-8-12 )
予約お問い合わせ: 
アクアビットジャパン 03-3408-4778 

詳細はスウェーデン大使館のHPへ













[PR]

by k-wanpaku | 2011-09-21 02:49 | ┗ SSクラス日常 | Trackback

2011年9月のスウェーデン語クラス日程



サウレサロン吉祥寺
 
2011年9月のカリキュラム予定
 
 
☆2011年9月の日程と内容☆

スウェーデンの夏ならではの kraftskiva ザリガニ料理 
先月後半の授業では、いつもの教室から離れて、六本木のリラ.ダーラナへ。
クラスに参加されている皆さんの希望者が集まりました。
茹でザリガニと沢山のお料理に舌鼓を打ちながらスウェーデンの話に花が咲きました。
ちょうどスウェーデン旅行から帰宅された方もいて、新鮮なスウェーデンのお話が聞けて楽しかったです。(写真は、画面左のssクラス日常のバーナーをクリックしていただくと見れます。)

気がつけば9月...私たちも夏の終わりはちょっと寂しいですが、
冬にお日様が少ししか見えないスウェーデンの方達にとってはもっと夏が名残惜しく思うのでしょう....



 今月もお忙しい中、スウェーデン語クラスTomoko先生の授業があります。
 そこで、先日食べた料理の事などもスウェーデン語で勉強します。
 現在決定日程は1日ですが、日程調整の上、もしかすると後半に追加がある可能性がございます。

● 9/16(金)19:30〜20:50  講師:Tomoko
北欧家庭料理 husmanskost スウェーデンの家庭料理とは?
レストランでの注文の仕方やテーブルウェアをスウェーデン語で言えるようになりましょう。

お時間が合いましたらぜひご参加ください。


●後半の授業未定 追加でupします。


*どの授業も、テーマの授業に入る前に個々の出来事を言い合うような基礎的会話の時間も設けています。聞いてみたいことなど個人的に勉強中のスウェーデン語やスウェーデン語の本などの質問などもございましたらお持ちになってくださって大丈夫です。



välkommen!!




☆教材はその都度参加人数分を手作りで制作しています。
大切なお願いです、
サウレサロンについてのページにも書きましたが、
先生のご好意で忙しい中 授業を行ってくださいますので、
又、キャンセル待ちの方もいらっしゃる場合もございますし、
当日に突然正当な理由なくキャンセルされる場合は 申し訳ありませんが代金が発生いたしますのでその旨どうぞよろしくお願い致します☆
(但し病欠などやむおえない理由の場合は大丈夫ですので御心配なく)



☆メールにて、お問い合わせやお申し込みお受けしています。
(下記のアドレスをクリックするとメールページへ)
尚、初めて参加の方は必ずサウレサロン吉祥寺トップのページを読んでから御参加ください。
ご予約は定員になり次第その日は締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みお待ちしています。

saule.kichijoji@gmail.com

  
サウレin KICHIJOJI *スウェーデン語クラス 





[PR]

by k-wanpaku | 2011-09-03 09:54 | ┣ スウェーデン語 | Trackback